2006年07月01日

ドイツvsアルゼンチン

 優勝候補として今大会挙げられている強豪同士の対決!

 楽しみでしかたなかったです。


 前半から激しいプレスの掛け合いでした。アルゼンチンはリケルメを中心として、テベス、ソリンも絡みチャンスを作ります。ドイツはアルゼンチンにポゼッションを握られ攻められますが高さを生かしカウンターを狙います。しかしどちらも硬い守りでゴールを決め切れません。
 前半はアルゼンチンがチャンスを多く作っていた感じがありました。

 後半。最初のチャンスはアルゼンチンでした。開始直後、左サイドからのスローインを受け、テベスがペナルティーエリア手前から、反転しながらボレーシュート! しかしこれが外れてしまいます。

 そしてその後すぐにまたアルゼンチンがチャンスを作ります。リケルメの右からのCK、高いボールがゴール前に入ると、飛び込んできたアジャラがクローゼに競り勝ってヘディング!!! これがゴール右に決まりアルゼンチンが先制します!!!!

 このまま勢いに乗るかと思ったアルゼンチンですが、ドイツがそれを許しません。

 先制点を取られ、攻めるしかなくなったドイツが怒涛の攻めを魅せます。しかしドイツ、アルゼンチンの固い守りを崩しきれません。

 最初に動いたのはドイツ。シュナイダーに変えてスピードスターのオドンコールを入れます。

 選手を入れ替えチャンスは作るも最後が決まらないドイツですが、後半20分くらいに左CKで上がったボールにアルゼンチンのGK(名前しらね)とクローゼが交錯! こぼれたところにバラックがつめていて至近距離から叩きつけるようなシュートを撃ちますが、これがアジャラかな? にあたってクリアされます。

 この交錯で怪我をしてしまったアルゼンチンのGKが交代でフランコが入ります。

 そのすぐあとにアルゼンチンは1点を守りきるつもりだったんでしょう。攻撃のカナメリケルメを下げてボランチのカンビアッソを入れます。

 2分後くらいにドイツ。シュバインシュタイガーにかえボロブスキー。その後アルゼンチンがクレスポを下げ高さのあるクルスをいれます。

 ドイツはこの交代が功をそうします! 後半30分過ぎに左サイドからバラックがクロス。これを途中投入のボロブスキーがヘッドでゴール前に流すと、クローゼがディフェンスとせりながらもヘディング!! これがゴール左に突き刺さりドイツついに追いつきます!!!

 同点となると攻撃のカナメであるリケルメを下げてしまったアルゼンチンがちょっと不利かなと思ってました。しかし、テベスとロドリゲスを起点に終盤に決定機を作ります。しかし、決めることができず、延長戦に突入します。

 延長戦はどちらもさすがに運動量が落ち、ゴール前まではボールが運ばれます。しかしどちらも決めきれずPK戦になります。

 PK戦。ドイツから蹴ります。蹴るのはベテランのノイビル。これがキーパーと同じゴール右に飛ぶも少し届かず決まります。アルゼンチンはクルス。こちらもキーパーが反応するもぎりぎり触れず左上に決めます。しかし二本目。試合途中で足を痛めたバラックが蹴ります。ここが勝負の分かれ目だったかもしれませんね。バラックは冷静に決めドイツ2−1。二本目、アルゼンチンが蹴るのは本日先制点のアジャラ。枠は完全に捕らえていましたが守護神レーマンに阻まれます。2−1と一歩リードしたドイツ。次のキッカーはまだ若いポドルスキー。しかし若さを感じさせなず思いっきりゴール右隅に叩き込みます。アルゼンチンはロドリゲス。こちらもレーマンに同じ方向とばれますが触られずに決めます。4人目はこの日1アシストのボロブスキー。長い助走から右隅に決めます。ここで決めなければ敗退のアルゼンチン、キッカーはカンビアッソ。右足で低いシュートを放ちますが、守護神レーマンがこれをセーブ!! この瞬間ドイツの準決勝進出が決まりました。

 そしてこの試合の一番印象的だったシーンは


カーンがPK戦の前にレーマンに声

を掛けてるシーン


です。正GKの座をずっと争い続けた二人の確執がないということがわかるシーンでした。このままドイツが決勝まで進みそうな勢いですね。
posted by 穴 at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。