2006年06月27日

オーストラリアvsイタリア

 オーストラリアつえええええええええええええええええええええ
 って感じです。

 しかしおもしろかったー。両チームともレベル高いですね。

 結果のほうは・・・





 イタリア勝利です。はい。
 しかしまさかあんな展開になるなんて思っても見ませんでした。前半はどちらも決めきれず0-0で終わりました。前半存在感あったのはトニかなぁ

 後半開始5分くらいにイタリアのマテラッティが一発レッドで退場しちゃいます。これで数的有利にたったオーストラリア!
 前情報ではイタリアのカテナチオはもう崩れたようなことを耳にしてましたが硬い硬い。伝統は残ってましたね。

 そして数的有利になり攻め続けるも最後まで持っていけないオーストラリア。イタリアのほうも守りはいいですが攻めれません。

 スコアは0-0でこのまま延長かなぁと思ってました。きっと見ていた人の大多数は延長戦突入だと思ったことでしょうね。現にオーストラリアの監督ヒディングはカードを一枚しか切らないで、延長にそなえ交代2人残してましたからね。

 しかし試合はロスタイム残り1分くらいのとこで動きます。
 
 時間は47分40秒くらい。ロスタイムは3分だったのでもうラストプレイってやつですね。左サイドからグロッソがドリブル突破! ブレシアーノのチャージをかいくぐり、ペナルティーエリアに進入すると、ニールのスライディングタックルが足にかかり倒されます。ここでなんと


イタリアがPK獲得!!!


 蹴るのは10番をつけ途中投入のトッティ!! 正直凄いプレッシャーだったと思います。しかしこれをゴール向かって左に冷静に決め勝ち越し!!!
と同時に試合終了。劇的でした。見てるこっちがドキドキするPKでしたよ。イタリアが蹴るとかバッジョを思い出してはずすイメージしか浮かびませんでしたからね。

 しかし本当に強いと思ったのはオーストラリアです。最後の最後までオーストラリアが勝つかなと思わせる試合でしたからね。来年? 以降アジアにオーストラリアが参戦するんですから日本はアジアチャンピオンなんていってられません。

 そして今心配なことは、この後のスイスvsウクライナまで起きてられるかってことですね。。。
posted by 穴 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19905507

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。