2006年06月15日

スペインvsウクライナ

 一方的な試合でしたねぇ。
 まさかあそこまでスペインが強いとは思いませんでした。



 しかも予想していたスタメンのラウルに変わってでたダビドビジャが2得点の活躍。凄いですね。
 
 1点目は左コーナーからのボールをシャビアロンソが決めて先制。
 2点目はゴール正面やや左からのFKをダビドビジャが蹴ってDFにあたりそのままゴール。
 3点目はPKをダビドビジャが沈めて。。。
 そして駄目押し過ぎる4点目、これがうまかったー。DFのくせにプジョルは個人技ありすぎですね。しっかりついていったFトーレスもさすがとしかいいようありません。

 ウクライナのほうはいいところが本当になかったですね。エースのシェバはばっちり封じられてしまったのでかなりイライラがたまったのではないのかなぁと思います。


韓国vsトーゴ
 やっぱ決めるときに決めるFWっていいですねぇ。アンジョンファンさすがです。アジア勢初の白星を挙げてくれたお隣さん。実力的には日本と同じくらいなはずなのですが、いかんせん決定力が違いますね。試合は決していい流れではなかったですが、それでも決めるべきところで決めれば勝てるといういい例ですね。


 クロアチア戦は加地復帰で4バックで挑むっぽいです。日本はもう後がないのでがんばって勝ってほしいですね。しかしクロアチアが日本に負けた場合オーストラリアにも勝てなそうな気がするのはうちだけですかね???
posted by 穴 at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。