2006年05月31日

日本vsドイツ

 久々のサッカーの試合すっげー楽しみにしてました。
 日本のスタメンは前発表どうりの川口、中沢、宮元、坪井、福西、中田、サントス、加地、中村、高原、柳でした。3-5-2ですね。
 ドイツのほうは怪我で出てこないと思っていたバラックが間に合い、レーマン、ヤンセン、メルテザッカー、メツェルダー、シュナイダー、バラック、フリンクス、ボロウスキー、シュバインシュタイガー、クローゼ、ポドルスキーだった気がします。4-4-2ですね。シュナイダーが右サイドバックにはいってました。



 前半

 最初の見せ場は中田!!ロングボールを柳が拾いその柳を中田が追い越してドイツDF陣を崩します。そしてスペースはないですがそのままシュート!しかしこれはレーマンに阻まれます。そのあとのCKでなかなか面白いことがありました。柳沢のユニフォームがボロウスキーとの競り合いでやぶけてしまい柳にもイエローがでます。ユニフォーム脱いだらだめってなってますが破かれてもイエローってどうなんよとかおもいましたね。
 そのあと高い位置でボールを奪いカウンターを仕掛ける日本ですが、レーマンにきっちりとられます。
 加地がシュバインシュタイガーに後ろからファールを受け負傷。変わりに駒野が入ります。WCまでに治ればいいですが・・・
 その後何度かチャンスは作るも決めきれません。ボールは日本側に落ち着きませんでした。ドイツが終始攻め続けてた感じです。危ないシーンが何度もありましたが、ドイツ側も決めきれずに前半は0-0で折り返せました。1タッチ2タッチのプレイが多く、攻守の切り替わりがはやいなぁって感じでしたね。


 後半

 メンバー交代はありません。後半は前半と違い、日本がボールを回せるようになりました。最初のチャンスはドイツでしたけどね。。。6分くらいにゴール右からFKを与えてしまいます。しかしこれはオフサイド。そのすぐ後に日本が最初のチャンスを作ります。ワンタッチでつなぎ、高原が抜け出ます。それにあわせ柳が左から右に走りながらパスを受け、そのままシュート! しかしこれは必死に戻ったドイツDFに阻まれます。
 10分くらいにドイツがメツェルダーにかえてノボトニーを入れます。
 その数分後、ドイツのCKからのこぼれ球をうまくつなぎ、中村から柳、そして裏に抜け出した高原へ。そのままレーマンと1対1になりこれを豪快に決めて日本がなんと先制します!!
 その5分後くらいにボロウスキーに変えオドンコールを入れます。
 その数分後。右サイドの駒野から高原にパス。ノボトニーとバラックを高原がかわし、またもレーマンと1対1! これを決め日本なんと2点目!!! すげーぞ高原!!!!
 後半25分くらいにドイツ。ポドルスキーに変えてノイビルを入れます。
 そして29分。左サイドからのFKシュバインシュタイガーから上がったボールにクローゼがDFを振り切り右足であわせてネットを揺らします。さすがクローゼです。。。
 その後ジーコが動きます。本日ニ得点の高原に変えて大黒を投入します。
 そのすぐ後。右サイドからのFKシュナイダーが蹴ったボールをシュバインシュタイガーがあわせこれがネットを揺らす! 日本、後半35分ドイツに追いつかれます。その後、柳に変えて玉田を入れます。
 2-2の同点となり決めれば勝ち越し! でしたが中田からのスルーパスで大黒が飛び出し決定的なチャンスを作るもそこはレーマン。きっちり阻まれました。
 その後両チームとも攻め続けチャンスは作るものの決めきれずそのまま同点で試合終了。2点先制したおかげで超本気のドイツも見れましたし、いい試合だったんじゃないかなぁと思います。何年前かの3-0に比べれば全然結果もいいですね。課題だった決定力も・・・少しは上がったのかもしれません。。。

 いい試合だったけど小野と巻がみれなくて残念。

 WC本番まで残るはマルタ戦のみ。このまま調子を上げていってもらいたいです。
posted by 穴 at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。