2006年05月09日

イングランド代表

イングランドのドイツWCにむけての代表メンバーが発表されましたー。
以下メンバー


代表メンバー23人

GK デビッド・ジェームス(マンC)
   ロバート・グリーン(ノーリッジC)
   ポール・ロビンソン(トットナム)

DF ジョン・テリー(チェルシー)
   ウェイン・ブリッジ(チェルシー)
   ジェイミー・キャラガー(リヴァプ)
   リオ・ファーディナンド(マンU)
   ガリー・ネビル(マンU)
   アシュリー・コール(アーセナル)
   ソル・キャンベル(アーセナル)

MF ジョー・コール(チェルシー)
   フランク・ランパード(チェルシー)
   スティーヴン・ジェラード(リヴァプ)
   デイビット・ベッカム(Rマドリード)
   マイケル・キャリック(トットナム)
   ジャーメイン・ジェナス(トットナム)
   アーロン・レノン(トットナム)
   オーウェン・ハーグリーブズ(バイエルン)
   スチュワート・ダウニング(ミドルスプラ)

FW ピーター・クラウチ(リヴァプ)
   ウェイン・ルーニー(マンU)
   マイケル・オーウェン(ニューカッスル)
   テオ・ウォルコット(アーセナル)

補欠

GK スコット・カーソン(リヴァプ)
DF ルーク・ヤング(チャールトン)
MF ナイジェル・レオコッカー(ウエストハム)
FW ジャーメイン・デフォー(トットナム)
   アンドリュー・ジョンソン (クリスタル・パレス)


名前と所属は自分の覚えてる限りなので間違っているかもしれませんが、このようなメンバーが召集されました。
オーウェンは復帰したばかりでちゃんと動けるかわかりませんし、ルーニーは怪我がどうなるかわからないってことでFWの補欠が2人選ばれてるんだと自分は解釈しました。
やはり注目は世界一といってもいいと思われる中盤ですね。素晴らしい選手がそろってます。ミドルシュートが世界トップレベルのボランチ2人をはじめ、ベッカムやハーグリーブスなどの他リーグで活躍している選手もいますから本当強そうです。ここまでタレント多いと監督も起用方法に困りそうですよね。。。うらやましい限りです。


話はかわりますが、ボルトンがオコチャと契約を結びませんでしたね。9日に他の選手について発表するみたいです。いろいろあった今期ですが、中田はどうなるのか注目です。


(追記)
アーセナルのテオ・ウォルコット選手は若干17歳でトップデビューすらしていない選手みたいですね。エリクソン監督によれば「これは大きなギャンブル。もちろん自分でも分かっているが、いい選択だとも思っている」だそうです。彼はオーウェンになれるのかどうか注目です。
posted by 穴 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17562151

この記事へのトラックバック

イングランドワールドカップ代表選手23人発表〜やはり彼も選ばれた〜そしてジーコへの願い
Excerpt: イングランド代表のエリクソン監督はドイツワールドカップに臨むメンバー23人を発表した。 メンバーは以下の通り GK: Paul Robinson, David James, Robert Gr..
Weblog: RYAN ROAD
Tracked: 2006-05-09 08:16

サプライズあり!?イングランド代表発表!!
Excerpt: イングランド代表が発表されました。 ここにはサプライズが存在しましたね。 まだプレミアにさえ出場していないアーセナルの17歳FW、 テオ・ウォルコットが選ばれました!! もはや開き直った感じさ..
Weblog: キングのオキラク蹴球記
Tracked: 2006-05-09 21:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。